半分、青い。の時代背景がずれている理由!納得です。

半分、青い。

一部、ネットで話題になっていたのですが、半分、青い。の時代背景!

 

私も主人公の楡野鈴愛とあまり年齢が変わらないのに、マグマ大使やあしたのジョーなどは見ていないな~と思っておりました。

 

ネットでいろいろ言われる理由もよくわかり、なんでだろうと思っていました。

スポンサーリンク

半分、青い。の時代背景がずれている理由

今日の放送で、なんで時代背景がずれているのかがわかりました。

 

理由を聞いたら納得でした。

 

楡野鈴愛の家は食堂をしているんですね。

 

楡野鈴愛のお父さん宇太郎(滝藤賢一さん)が食堂でのサービスの一つとして、古いマンガなどを置いているそうです。

 

その、お父さんの影響で楡野鈴愛は古いマンガやTVが好きなんだそうです。

 

ブッチャーと呼ばれている西園寺龍之介に楡野鈴愛におばさん呼ばれしてますからね!

 

確かに、その当時からしたら4年から10年ほど前になるわけですから言われて当たり前ですね。

スポンサーリンク

半分、青い。の時代背景が面白い!

ちょうど自分の子供時代と重なる部分もあって面白いですね。

 

糸電話であんなに長く伸ばしてしたことはありませんでしたが、確かにお金があったらしてみたかったですね。

 

子供の夢でしょうかね?

 

今の子はどうなんでしょう?してみたいと思うのかな?

 

そして、糸電話で話すこと、本当に思いつきませんでしたね。

 

名前を呼ぶなんて考えたことなかったな~

 

しかも、愛の告白なんてもっと考えたことなかった(笑)

 

今週で小学生時代まで終わるのかなと思っていたのですが、来週まで続くようですね。

 

楡野鈴愛の耳が現在は聞こえております!

 

来週、耳が聞こえなくエピソードが放送されるんでしょうね。

 

ネタバレになりますので、なぜ、楡野鈴愛の耳が聞こえなくなったかは書きませんが、へ~知らなかったという理由で耳が聞こえなくなります。

 

半分、青い。の視聴率もいいようで、今後も楽しみです。

コメント