西郷どんの10話では知らない言葉や背景が面白い!

大河ドラマ

今回の西郷どんの話も、面白おかしく作られていましたね!

 

一番意味が分からないかなと思ったのは、瀉血という言葉

 

難しいですよね、ただ、なんで血を抜くだけで治るのかがよくわかりません。

 

その当時は信じられていたようですね

スポンサーリンク

西郷どん 瀉血とはどういう意味

人体の血液を外部に排出させることで症状の改善を求める治療法の一つです。

 

古くは中世ヨーロッパ、さらに近代のヨーロッパやアメリカ合衆国の医師たちに熱心に信じられ、さかんに行われていた。

 

だが、現代では実は医学的根拠は無かったとされる。

 

まあ、あまり意味はないといわれております。

 

因みにこの頃は蘭方医学より漢方の方が優れていた。

 

蘭方(西洋医学)は外科に優れており、その優位性が発揮されるのはもうちょい先。

スポンサーリンク

西郷どんの橋本佐内役は風間俊介さん

風間俊介さんの役は福井藩士の橋本左内です。

 

藩主の松平春嶽(=慶永)の側近で、大坂にて緒方洪庵・杉田成卿に師事して蘭方医学を学んでいました。

 

その後、父の後を継ぎ藩医となります。

 

福井藩主の松平慶永(春嶽)に登用され、藩医の域を越えた役目を負うこととなる。

 

安政元(1854)年、左内、弱冠20歳。

 

 

安政6年(1859年)、大老となった井伊直弼の手により安政の大獄が始まりる。

 

春嶽が隠居謹慎を命じられると、将軍継嗣問題に介入したことを問われて頼三樹三郎と共に伝

 

馬町牢屋敷で斬首となった。

 

享年25。

 

西郷はのちに、尊敬できる人物として、

 

「先輩では藤田東湖(水戸藩)、同輩では橋本左内」

 

を言っております。

スポンサーリンク

西郷どんの後ろの張り紙が気になりました。

幾島どんの貼り紙は、篤姫を教育しちょるようで 実は視聴者に薩摩弁を理解して貰うために貼られているような気もします。

 

・まっこて→まことに

 

・おもしろか→おもしろし

 

・あいがとさげもした→かたじけなし

 

・疲れもした→疲れました/たいぎ

 

・何それを食べもすか→何それを食べます

スポンサーリンク

幾島の南野陽子さんがたくさんもすもす言ったのは?

実はOAから明日3/12が、「モスの日」ということが判明しました(笑)

 

幾島のもすもすもすもすがモスバーガーの宣伝?

 

という事はないでしょうけどね(苦笑)

スポンサーリンク

まとめ

来週は島津斉彬のキックが見れます!

 

何を西郷どんはやらかしたのでしょう。

 

来週は一層ヒー様こと一橋慶喜を担ぎ上げる動きが活発化するのでしょうかね?

スポンサーリンク

西郷どんの10話を見逃した、無料で見る方法はない?

西郷どんの10話の動画を見る方法ですが、U-NEXTの無料視聴期間を利用して見ていただくのが一番安全です。

 

 しかも、当サイトから登録していただきますと、通常の600ポイントが1000ポイントもらえるので、NHKの見放題に加入してみても、お金がかからずに見ることができるからです。

 

 NHK見放題を選んでいただくと、たくさんの動画を見ることができますが、解約をしないといつまでたっても請求がありますのでその点は気を付けてください。

 

⇒西郷どんを見る

スポンサーリンク

西郷どんの関連記事

西郷どんの新キャストに橋本愛!どんな薩摩弁になるんだろう?

西郷どんのキャストの劇団ひとりは謎の漂流者として登場!

西郷どんの糸の結婚!え?もう西郷さんと結婚するの?

西郷どんに南野陽子さんが登場!どんな役どころなのか?

コメント