“朝ドラ”ヒロイン決定の安藤サクラ、高い演技力に「安藤さんなら見る!」との声、そのわけは

まんぷく

 来年2019年10月1日(月)スタートの連続テレビ小説「まんぷく」(毎週月~土曜朝8.00-8.15ほか、NHK総合ほか)のヒロイン・福子役に、安藤サクラさんが決定。

 そのニュースに期待の声が高まっている。

 

安藤サクラ、おっぱいについて語る/VOGUE JAPAN Women of the Year 2016
スポンサーリンク

朝ドラ「まんぷく」はどんなドラマ 

同作は福田靖の脚本による、ヒロイン・福子とその夫・萬平の成功物語。

 

 モデルはインスタントラーメンを生み出した実業家・安藤百福氏と妻・仁子氏の半生で、戦前から高度経済成長期にかけての激動の時代を舞台に、たくましく生きる夫婦の姿を描く。

 

 安藤は現在31歳で、2月に32歳の誕生日を迎える。

 オンエア時に30代のヒロインは、「カーネーション」(2011年)の尾野真千子以来、7年ぶりのこと。

 

 安藤は2012年公開の映画「かぞくのくに」で「第55回ブルーリボン賞主演女優賞」「第22回日本映画批評家大賞 主演女優賞」、2014年公開の映画「百円の恋」で「第39回日本アカデミー賞・最優秀主演女優賞」を受賞するなど、高い演技力で知られる女優だ。

スポンサーリンク

SNSでのみんなの反応は

 この発表を受けてSNSなどではユーザーから「最近のヒロインは若手女優が多かったから意外!」「安藤サクラさんの演技力なら間違い無し!楽しみ!」「朝ドラほとんど見たことないけど、安藤さんなら見る!!」「思い切ったキャスティングありがとう!」など、期待の声が集まっている。

 

 また、安藤は昨年6月に第1子を出産しており、史上初の“ママさん”ヒロインになるということで、「ママさんヒロイン、頑張って!」と応援する人や、「子育てしながらって本当に大変だと思うけど頑張ってほしいな」と心配する声も上がっていた。

スポンサーリンク

朝ドラ「まんぷく」に出演する安藤サクラさんの感想は

 ヒロインのオファーをもらった時の感想を「まずは悔しい気持ちになりました」と語った安藤。

 その理由について、朝ドラはもともと憧れていたものの、「おばちゃんだし、子持ちだし…」と自分とは縁がないと思っていたところへの思わぬオファーだったといい、「最初はやれる気もしなかったし、子どもを育てることが第一だったので、(受けられないのが)悔しいな、という気持ち」になったと明かす。

 

 しかし、夫の柄本佑に伝えると「『バカなフリしてやってみよう』というくらいの気持ちでやってみたら」と背中を押されたそうで、両親の奥田瑛二、安藤和津や、義理の両親・柄本明夫妻も応援してくれ、受ける決意をしたとのことだ。

 

 大阪での撮影には子どもを一緒に連れていくという。

コメント